中学生コース

  • HOME »
  • 中学生コース

中学生コース

宿題タイム

宿題とは、

  • その日の学習の定着を図る
  • その日の学習の補完をする

ものとして、ほぼ毎日出されます。
でも、宿題が苦手なお子様、勉強につまずいているお子様にとっては、毎日の宿題は苦痛以外の何ものでもありません。 学習塾MOYUでは、お子様がどの時点でつまずいているかを分析し、復習することで現在の宿題についていけるようにします。

苦手の克服

中学生になると、小学校段階でのつまずきが大きな壁となって立ちはだかり、「○○が分からない」という強い苦手意識となって表れます。学校では、受験に向けての授業の進度もありますので、立ち止まっての復習に時間を割いてはくれません。また、数ある進学塾でも、それは絶対に行いません。
「急がば回れ」というように、お子様が掛け違えたボタンを掛け直すことが、後半になって差が出てきます!
一人ひとりのお子様のレベルの合わせ、苦手な教科の復習を徹底して行い、高校受験を目指します。

将来を見据えて

よい高校・大学に行けば、安定した将来が待っている…という時代ではありません。「自分が将来何をしたいか」「自分の得意を生かしてどんなことが出来るか」、そのために今は何をしていくべきか…という逆志向(バックキャスト)的発想で高校受験を目指します。
目指す高校の試験のポイントをつかみ、得意な教科は伸ばし、苦手な教科の底上げを行います。
この逆志向的発想は、社会に出てからも非常に有効になります。

暗記トレーニング

入試などでは、知識・理解を問う問題が数多く出され、暗記する力が必要になってきます。
この暗記する力をトレーニングします。
人の認知特性(外からの情報を記憶したり、表現したりする方法)は、大きく3つに分かれます。

  • 視覚優位(目からの情報が入りやすい)
  • 言語優位(読んだ情報が入りやすい)
  • 聴覚優位(耳からの情報が入りやすい)

お子様に合った方法で指導します。

一人ひとりの認知特性に合った勉強方法

アクティブラーニングの重要性を言われている、今の学校教育。しかし覚えなければならないこともいっぱいです。例えば漢字。小学校6年間で1006字あります。また、3年生からスタートする、理科や社会の学習でも、出てくる用語などはどんどん増えます。子ども達が急に学習が難しいと感じる理由の一つが「暗記もの」が増えることなのです。
実は、この暗記、人によって入りやすい方法があるのはご存知でしょうか。
情報を頭の中で整理したり、記憶したり、表現しようとする方法を認知特性といいます。
認知特性は、視覚優位・言語優位・聴覚優位の大きく3つのタイプに分けられます。

さまざまな暗記方法を体験することで、お子様の得意とする方法を見つけていきます。
多くのことを覚え知識を増やすことは、テストの点数がアップすることは、間違いありません。さらにそこに経験が加わることで、知恵を生み出すことができるのです。

  • フラッシュカード(視覚優位な方に)

  • フラッシュカード(言語優位の方に)

  • 読み聞かせ(聴覚優位な方に)

PAGETOP
Copyright © 学習塾MOYU All Rights Reserved.